トップページ

私が特に好きなのはSFマンガです
SFの想像力は世界を広げてくれます。

特に好きなマンガはMOONLIGHT MILE。
話は以下の感じです。

月面都市ルナ・ネクサスを舞台とした物語は佳境を迎えています。レジスタンスと共に戦うことを決めた歩。彼に再び会うため、そして他の子供たちを政府の魔の手から救うために、母・理代子はムーンチャイルドと共に中国の月面都市へと亡命します。その説得に向かわされたのがSGポリス長官の吾郎でしたが、あえなく失敗。責任を取り、その座を追われてしまったのです。激化するレジスタンスと国家の戦い。月面世界を開発してきた立役者の面々が、今後どのように動くのでしょうか。ロストマンは復活するのか? 歩と理代子は? 大きな転換期を迎えた月面世界の命運は、吾郎の覚醒に委ねられました。はたして、我らが吾郎は目を覚ますのか……クライマックスまで目が離せません!

月面の巨大都市ルナ・ネクサスでは、警察と資源採掘のために過酷な労働を強制されている労働者との間の抗争は激化していました。レディ・ファントムことレジスタンスのリーダー・ファトマは歩に裏の世界を見せていきます。歩はしがらみに囚われている父・吾郎の本当の立場を知ることになりました。現在の月の状況が判明するにつれ、吾郎の苦悩が浮き彫りになっていきます。友情を守るために職務に縛られ、その結果、労働者たちから詰られ、愛する妻からは離婚を突き付けられ……追い詰められた吾郎を、歩は救うことが出来るのでしょうか。そして、何故ファトマはレジスタンスにいたのでしょうか。息子が父親を救い、自由にしようとする展開は燃えます。

テロリストに捕らえられた歩は、仮想世界に入り父・吾郎の親友であるロストマンと出会います。ロストマンから「ある秘密」を教えられた歩は、テロリストたちと共に戦うことを決心するのです。そして、明かされるレディ・ファントムの正体……。驚きの連続です。いくつもの謎が、この巻で明らかになっていきます。そしてついに、ロストマンが刺された後の出来事も明らかに。どんなに時間が経っても、次の世代に移っても、やはりこの物語の中心は吾郎とロストマンだと実感させられます。ロストマンの若かりし頃の姿が登場するだけで、ぴしっと雰囲気が引き締まるのです。一気に加速する展開に、残されたロストマンの謎。次の巻も待ち遠しくなります!

以下wiki参照MOONLIGHT MILE

 

『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて連載されていたが、スペリオール2012年8号(3月23日発売)より作者が『機動戦士ガンダム サンダーボルト』を連載開始したため、2011年10月頃から連載を中止している。コミックは23巻まで発刊されている。
近未来における宇宙開発時代を題材としている。宇宙開発史における世界情勢の変遷と、様々な困難に見舞われながらも月開発に挑む人々の姿をリアルなタッチで描いている。魅力的なキャラクターと共に、アメリカ軍が秘密裏に行う宇宙進出や、それに追随する中国の台頭など、実際に起こりうるかもしれないというヴァーチャルな世界観が作品の売りどころの1つになっている。2007年21号で第一部終了。2か月の中断をはさみ、2007年12月28日発売の2008年2号より再開、第二部が始まった。
本当に素晴らしい漢のマンガです。

新着情報

2015年04月30日
山善(YAMAZEN) デスクファン ホワイトグレー YDS-J143(WH)
2016年12月01日
ニュージーランドに留学
2017年01月09日
学生時代もっとこうしておけばよかった
2016年11月24日
困っている外国人を助けた話
2016年11月13日
海外へ行って初めて分かる英語の大切さ